東京 ガルエージェンシー

浮気・離婚の事なら

 弊社、 『 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷 』 は、
 全国を網羅する124拠点のネットワークと、約800名の強力な調査員を
 生かした機動力において、他の探偵社には真似できない調査力を持っております。
 弊社の調査員は、併設のガル探偵学校にて、尾行・撮影術から、
 法令順守・守秘義務の徹底等を習得し、多種多様な現場で経験を積んでおります。
 上記事由により、裁判用の証拠収集においても定評があり、
 特に、浮気調査・行方調査におきましては、信頼と実績があります。
 まずは、お気軽にご相談下さい。     <ご相談/お見積り 無料>


外 観   相談室

<外  観>

 

<相 談 室>

ご相談がらご報告までの流れ

1 2 3 4

男性浮気チェックテスト

女性浮気チェックテスト



離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方

  上記の図は、厚生労働省がまとめた
  夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数年次推移(平成23年 日本全国)。

  東京都23区の離婚率(人口1000人対比の離婚件数)について、
  全国平均は2.0。
  都道府県の最高は沖縄県の2.6。
  大都市は総じて離婚率が高く、大阪市は2.8。
  東京23区は2.16。全国平均より少し高い程度。

  東京23区別の離婚率1位は港区。
  以下、台東区、中央区、足立区、江戸川区の順。
  港区と中央区は、平均初婚年齢が遅いトップ3に入る。
  対して、早婚のトップは足立区。江戸川区が2位。
  早過ぎる結婚も、遅すぎる結婚も、問題を生みやすいということだろうか。

  23区全体の離婚者の割合は、男性3.5%に対し女性は5.5%。
  男性は離婚しても懲りずに再婚する人が多く、
  女性は1人で生き抜いていこうと決意する人が多い。
  ※「DIAMOND IT&ビジネス」 より抜粋

  離婚を考えた原因(理由)としては、

   第1位 性格の不一致
   第2位 異性関係(浮気・不倫)
   第3位 暴力(精神的虐待・身体的暴力)
   第4位 家族/親族と仲が悪い
   第5位 借金

  このように第1位・第2位・第3位・第5位と、
  浮気や相手の異性関係で悩み、そこから心が離れてしまった結果、
  離婚に踏み切るケースが多いようです。
  また離婚した場合に「浮気」・「不倫」とは言いづらい為、
  第1位の「性格の不一致」で通している人も多いようです。
  実際はもっと多くの夫婦が異性関係を原因として離婚しているのかもしれません。



東京都足立区について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


 ■東京都足立区
  「犯罪多発地帯」という不名誉なイメージが、実は正しくない理由


  北千住の地名から思い出す足立区、
  北千住は奥州街道、日光街道の宿場町であった。
  23区最北端の区であり、北は埼玉と境を接し、四方を川で囲まれている。

  つくばエキスプレス、日暮里・舎人ライナーなどの
  新交通システムが整備されたことから、
  今後大きな発展への期待を抱かせる。
  何と言っても、23区中第3位の広い面積と第5位の
  大きな人口を持っているため、
  足立区が飛躍するための条件はそろいつつある。

■多くの川に囲まれる“陸の王者” 農業と陸運が他区よりさかんな地域

  足立区は、その昔海辺に接していた低湿地帯の一部だったという。
  入江や湿原、また入り組んだ荒地であったと推定されている。
  区内には丘らしい高地がほとんどなく全体が平らで、北西部がやや高く、
  南東部に行くに従って緩やかに傾斜しながら下っている。
  川の多い区でもある。四方を川で囲まれ、
  南に隅田川、西に荒川、新芝川、北に毛長川、
  そして東に中川、綾瀬川、垳(がけ)川が流れる。
  さらには、東京を水害から守るために開かれた
  人工河川の荒川放水路(現・荒川)が区を2つに分断している。

  そうした地勢により、昔から足立区は農耕がさかんだった。
  主な生産物は、「花卉園芸(キク、チューリップ など)」
  「つまもの園芸(あさつき、むらめ、あゆたで、めかぶ など)」
  「野菜栽培(コマツナ、ホウレンソウ、ネギ、ダイコン、キャベツ など)」
  といったところだ。
  総農家数の221は練馬、世田谷、江戸川に次ぎ第4位、
  専業農家数(販売農家)でも第4位である。
  ただ、1農家当たりの耕作面積では37.6a(アール)で
  第6位に甘んじる。
  概して小規模な農家が多いということだろう。
  だが、農産物販売金額で1000万円を超える経営体の構成比となると、
  7.9%で第4位に上がってくる。
  さらに、農業就業人口(販売農家)、基幹的農業従事者数(同)、
  ともに第4位。
  農業というイメージでは、練馬区、江戸川区の陰に隠れがちだが、
  足立区も23区内にあって、なかなかの「農業区」なのだ。

  他にも見るべき産業がある。1つは工業だ。
  製造業の事業所数では第2位を占める。
  ただし、従業者数となると第8位に後退、
  ここでも規模の小さな事業所が多いことをうかがわせる。
  それでも、やはり、
  製造業の生産高や付加価値額では、共に第4位に上がってくる。

  そして、産業部門で足立区がトップに立つもの、
  それは運輸業の事業所数である。
  その数2400を数え、第2位の江戸川区の1900を大きく引き離す。
  足立トラックターミナルを中心に、
  東京に出入りする物流の一大中継基地を形成しているのである。
  ただ、同じく運輸業の盛んな大田区や江東区と異なり、
  水運がほとんどない。そのぶん、従業者数は少なくならざるを得ず、
  第4位に留まるということだ。

■人口と面積を考えれば犯罪数は普通? “犯罪多発区”の汚名を晴らせるか

  ところで、足立区にとって残念なイメージは“犯罪多発区”である。
  警視庁の統計を見れば、確かに、2006年以降の3ヵ年にわたり、
  刑法犯の認知件数は23区中第1位だった。
  しかし、そもそも犯罪統計というものは、
  その見方や解釈の仕方に相当の注意を要する。
  まず、犯罪には認知されない「暗数」があり、
  その領域は罪種によっては非常に広い。
  すなわち、「認知件数=発生件数」ではない。
  統計データだけでは、犯罪の実勢をつかむことは難しいのだ。
  とかく、統計数値というものは独り歩きをし、
  知らぬ間に通説を生んでしまいがちなものだが、
  犯罪統計については特にそれが言えそうだ。
  足立区は、常に犯罪の認知件数がトップだったのだろうか。
  03年以降の認知件数を時系列的に見ると、
  03年は第3位、04年第3位、05年は第2位となっている。
  次に、この認知件数を密度で比較する。
  実数で足立区が最多の1万1422件となっている08年について見ると、
  1km2当たり認知件数では足立区は第16位、むしろ少ないほうだ。
  対夜間(常住)人口比では第8位となるが、
  これも突出して多いというものではない。
  ただ、対昼間人口比では第1位となる。
  認知件数で上位5位を占める、
  足立区、新宿区、世田谷区、江戸川区、練馬区の各区は、
  新宿区を除いて、皆面積でも夜間人口でも上位5位に入る区ばかりである。
  だが、昼間人口で見ると上位5位に入るのは新宿区、世田谷区の両区のみである。
  面積と夜間人口、認知件数はどうやらこれと相関関係にありそうだ。
  その因果関係を論証することは直ちにできないが、
  面積が広く、夜間人口が多いということは、
  それだけで犯罪が多く発生する基礎要件となり得るということを、
  うかがい知ることはできる。

  刑法犯の罪種別構成比であるが、
  足立区でも最も大きいのは「窃盗犯」の74%である。
  この大きさは23区中で練馬区に次いで第2位となる。
  「凶悪犯(殺人・強盗・放火・強姦)」の構成比は0.6%で第8位。
  「粗暴犯」は4.1%で19位である。「風俗犯」は0.8%で13位。
  「知能犯」となると3.9%の23位と最小である。
  つまり、窃盗犯以外は取り立てて目立つということもないようだ。

  ただし、凶悪犯の認知件数を細かい罪種別に見ると、
  「殺人」第3位(10件)、「強盗」第2位(42件)、
  「放火」第1位(10件)、「強姦」第10位(6件)となる。

  こうして見ると、
  足立区は凶悪犯についても認知件数そのものは決して少なくない。
  しかし、これも先に刑法犯全般について触れたように、
  面積や人口といった要因が関係しているかもしれない。

  ところで、「犯罪」と言えば、
  昨今、マスコミなどで騒がれがちなのが少年犯罪だ。
  08年の犯罪少年(刑法犯)の検挙件数では足立区は381件で第4位、
  触法少年の補導人員では73件で第6位となっている。

■イメージ挽回のために未来の窓を開け! 「ビューティフル・ウィンドウズ運動」とは

  足立区は、名誉挽回に必死に取り組んでいる。
  「ビューティフル・ウィンドウズ運動」もその1つだ。
  「ビューティフル・ウィンドウズ」とは、
  小さな犯罪やモラル違反もなくしていく、
  「ブロークン・ウィンドウ(割られた窓)」さえ見逃さず、
  犯罪が起きにくい環境づくりを進めようというもので、
  環境犯罪学の理論に基づくものだ。
  地域での防犯活動の支援、美化推進活動の支援、路上喫煙禁止の推進、
  放置自転車の防止他多面的な運動が展開されている。
  区内の刑法犯認知件数で最も多いのが「自転車盗」であることから、
  これを抑止することは犯罪防止の第一歩だろう。
  それが功を奏してか、2010年5月末現在の認知件数は4011、
  前年同期比で442件減少し、この時点では新宿区より件数が下回っている。

  さて05年、東京・秋葉原と茨城県南西部の鉄道空白地帯を結ぶ
  第3セクター運営によるつくばエクスプレス(TX)が開業した。
  東京都内に設けられた7駅のうち、足立区内には最も多い3駅がある。
  09年度には、北千住駅に1日平均3万5000人の乗車人員を数えた。
  さらに08年、都営の「日暮里・舎人ライナー(にっぽり・とねりライナー)」も開業、
  荒川区の日暮里駅と足立区の見沼代親水公園駅を結んでいる。

  これら新交通システムの整備もまた、
  “陸の王者”足立区の地位をより一層高めることに寄与するだろう。
■足立区基礎データ

池内ひろ美オフィシャルサイト

池内ひろ美



キャンペーン 10% off



浮気調査・素行調査


  東京都足立区の浮気調査なら総合探偵社ガルエージェンシー渋谷へ

  「ご主人様・奥様の様子がおかしい」 ・ 「残業が増えた」 ・
  「会社の付き合い等の飲みが増えた」 ・ 「うちの娘の帰りが遅い」等、
  家族や友人などの様子を見て、心配になることはありませんか?
  そんな時こそ弊社の出番です。
  大切な人に気づかれる事なく、お客様に安心をお届けします。

Index 目次

浮気チェック

浮気の解決方法

浮気調査の準備

調査報告

依頼者の声1

依頼者の声2

浮気調査の金額

調査内容・調査事例



お問い合わせはこちらから

メニュー
  • 浮気調査・素行調査
  • ガル離婚相談室
  • 人探し・行方調査
  • ご近所トラブル
  • 信用調査
  • 結婚調査
  • 盗聴器の発見
  • ストーカー対策
  • いじめ対策
  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 特殊調査
  • 調査の流れ
  • よくある質問


テレビ・マスコミ 出演紹介
   2012年1月1日
   フジテレビ
   ニブンノイチ
フジテレビ
   2011年8月1日
   BeeTV
   密着!男と女の愛憎
   (秘)探偵ファイル
BeeTV
   2011年6月9日
   テレビ朝日系列
   スーパーJチャンネル
スーパーJチャンネル
   2011年5月3日
   フジテレビ系列
   投稿SUMO頂王
投稿SUMO頂王
   2011年4月20日
   フジテレビ系列
   ザ・ベストハウス123
ザ・ベストハウス123
   2010年12月10日
   フジテレビ系列
   笑っていいとも!
笑っていいとも!
   2009年12月14日
   TBS系列  ミヤネ屋
ミヤネ屋
   2009年8月10日
   TBS系列
   マイノリTV
マイノリTV
 
その他、出演番組 多数...