東京 ガルエージェンシー

浮気・離婚の事なら

 弊社、 『 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷 』 は、
 全国を網羅する124拠点のネットワークと、約800名の強力な調査員を
 生かした機動力において、他の探偵社には真似できない調査力を持っております。
 弊社の調査員は、併設のガル探偵学校にて、尾行・撮影術から、
 法令順守・守秘義務の徹底等を習得し、多種多様な現場で経験を積んでおります。
 上記事由により、裁判用の証拠収集においても定評があり、
 特に、浮気調査・行方調査におきましては、信頼と実績があります。
 まずは、お気軽にご相談下さい。     <ご相談/お見積り 無料>


外 観   相談室

<外  観>

 

<相 談 室>

ご相談がらご報告までの流れ

1 2 3 4

男性浮気チェックテスト

女性浮気チェックテスト



離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方

  上記の図は、厚生労働省がまとめた
  夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数年次推移(平成23年 日本全国)。

  東京都23区の離婚率(人口1000人対比の離婚件数)について、
  全国平均は2.0。
  都道府県の最高は沖縄県の2.6。
  大都市は総じて離婚率が高く、大阪市は2.8。
  東京23区は2.16。全国平均より少し高い程度。

  東京23区別の離婚率1位は港区。
  以下、台東区、中央区、足立区、江戸川区の順。
  港区と中央区は、平均初婚年齢が遅いトップ3に入る。
  対して、早婚のトップは足立区。江戸川区が2位。
  早過ぎる結婚も、遅すぎる結婚も、問題を生みやすいということだろうか。

  23区全体の離婚者の割合は、男性3.5%に対し女性は5.5%。
  男性は離婚しても懲りずに再婚する人が多く、
  女性は1人で生き抜いていこうと決意する人が多い。
  ※「DIAMOND IT&ビジネス」 より抜粋

  離婚を考えた原因(理由)としては、

   第1位 性格の不一致
   第2位 異性関係(浮気・不倫)
   第3位 暴力(精神的虐待・身体的暴力)
   第4位 家族/親族と仲が悪い
   第5位 借金

  このように第1位・第2位・第3位・第5位と、
  浮気や相手の異性関係で悩み、そこから心が離れてしまった結果、
  離婚に踏み切るケースが多いようです。
  また離婚した場合に「浮気」・「不倫」とは言いづらい為、
  第1位の「性格の不一致」で通している人も多いようです。
  実際はもっと多くの夫婦が異性関係を原因として離婚しているのかもしれません。



東京都葛飾区について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


 ■東京都葛飾区
  よく働きよく子ども生む大家族が守り続ける「寅さんの故郷」


  「葛飾」と聞いて思い出すものと言ったら、ご存知「寅さん」。
  山田洋次監督による松竹映画『男はつらいよ』シリーズの主人公だ。
  故渥美清氏が好演した“フーテンの寅さん”はスクリーンの枠を飛び出して、
  国民的人気者となった。
  その寅さんの故郷が、今回紹介する葛飾区の柴又である。
  葛飾区には、行きたいところがたくさんある。
  1つだけ挙げるなら、堀切菖蒲園だろう。
  江戸時代にはすでに、江戸っ子たちの一大観光スポットだった。

■老年人口も年少人口も多い? 「寅さん」の故郷、葛飾に住む人々の素顔

  寅さんの故郷には、
  まだまだ伝統的な習慣や生き方が受け継がれているのだろうか。
  葛飾区は、東京にしては家族が多い。
  1世帯当たりの人員は23区中第3位。
  同じく、世帯人員「5人」「6人」の割合が、いずれもナンバーワン。
  人口性比が100をわずかに超え、第8位。
  ほぼ男女同数に近いのだが、23区の中ではやや男性が多い部類に入る。
  老年人口(65歳以上)の割合は第4位だが、
  年少人口(0~14歳)の割合も、同じく4位だ。
  ただ、生産年齢人口(15~64歳)の割合が下から2番目。
  このままでは、高齢化がかなり加速していきそうである。

  死亡率第5位も、やはり高齢化の兆しか。
  しかし、平均年齢は第7位で、突出して高いというほどでもない。
  一方の出生率は6番目、合計特殊出生率は3番目。
  葛飾の女性は、23区の中ではよく子どもを産むほうだ。
  大勢の家族で一緒に住んで、よく働き、女性は結婚し、子どもを産む。
  そんな伝統的なライフスタイルが、
  今も脈々と受け継がれているさまが見て取れる。
  それでも人口の自然増加率はマイナスで第16位。
  子どもを産む年齢層の女性の絶対数が少ないということだろう。
  「婚姻率」は下から3番目。
  やはり、適齢期の人口の少なさか。一方の「離婚率」7位は高いほうだ。
  興味深いデータとしては、
  夫の平均初婚年齢が下から4番目、妻のそれが同じく3番目。
  23区ではかなり早婚傾向にある。
  出産の年齢だが、
  「15~19歳」これは無論微々たる数字だがこの割合が第2位。
  「20~24歳」というのが1割を超え、これも2位。
  葛飾の女性の出産時期はかなり早い。

  大勢の家族で暮らす葛飾の人々の住まいだが、
  「1住宅当たり居住室数」は第1位、大家族にふさわしく、部屋の数が多い。
  「1住宅当たり延べ面積」が第3位、広さも東京にしてはなかなかのもの。
  だが、家族が多いだけに、1人当たりの居住スペースで見れば、
  広さを持て余すというようなことは決してないようだ。
  「1人当たり畳数」は15位、「1室当たり居住人員」は10位となっている。

  葛飾は、宅地利用の内訳から見れば、
  工業用地の割合も商業用地の割合も、決して大きいほうではない。
  住宅用地の割合が第7位と、やはり「人が住む街」というイメージが強い。

  そんな葛飾を歩いてみれば、
  かなり建物が建て込んでいる印象を受ける。
  「建物棟数密度」のネット、つまり、宅地面積に対する割合は第5位と高い。

  平均敷地面積では18番目。
  やはり、下町風情やよき伝統を多く残すこの葛飾、
  そうそう広大なところに家を建てる夢は叶えにくいということか。
  もっとも、葛飾の人々はそんなところに幸福を求めてはいないのかもしれない。

■“大家族”で汗を流すよき文化は 今でも消え去ることがない

  だが、生産年齢人口の層が薄いながら、
  「労働力率」、15歳以上人口に占める労働力人口の割合は第3位。
  実際に仕事に就いている「就業率」は第4位。
  地域を支える人々は、なかなか健闘している。
  ところで、葛飾の昼はどのような様子か。
  「昼夜間人口比率」については、100を大きく割り、下から3番目となる。
  外へ流出している人のほうが外から流入してくる人より多いという、
  「出超」の構造だ。
  それでも、「区内就業者」の割合は第3位と上位である。
  「自宅就業者」の割合となると、23区のトップに立つ。
  さりとて、「自営業者」の割合は15位で、特に大きいというわけでもない。
  ただ、「家族従業者」の割合となると第5位でこれも相当上位である。
  それやこれやから思い浮かぶところは、
  やはり地元の事業所の多くが小規模であることだろう。
  多くの人は、昼間都心や副都心など、他の地域に仕事で出かけている。
  残った人は、地元で大家族が力を合わせて一生懸命働いている。
  そんな区民の姿が浮かんでくる。

  子どもたちについては、「区内の学校に通学」する割合が第2位。
  多くが地元の学校に通っている。
  「都内他地域からの通学」は下から3番目だ。
  「他府県からの通学」も下から3番目。
  よその土地からこの区の学校に通ってくる生徒は、やはり少ない。

  そうして見ると、仕事でも勉強でも、
  「よそから人が入り込んでくることが少ない街」と言えるかもしれない。
  それが古い伝統、慣習、文化を、23区の中では比較的濃厚に残している
  イメージにつながっていそうだ。

■建物が林立する街の不安は災害 火災率の低さは防災意識の表れか

  そんなほのぼのとした葛飾区は、
  やはり「寅さんの故郷」というイメージにぴったりである。
  ただ、建物が多く建て込んだ街を見て心配になるのは、災害である。
  火災のデータをざっと並べてみると、火災の発生件数は第11位、
  「1万世帯当たりの罹災世帯数」は第13位、
  「人口1万人当たりの罹災人員」は第12位、「焼損棟数」は第10位。
  どれも特に多いというほどではない。これはある1年間の記録だが、
  防災の強化は一層力を入れるべき課題ではあろう。
  下町らしく、まだ地域の絆がそれなりにあり、
  助け合いの精神や相互のコミュニケーションなど、
  防災に役立つ条件は備えているのではないだろうか。
  ちなみに、消防団の団員数(現員)は第5位。
  夜間人口が第9位であることを思えば、なかなか立派なものである。

■古き良き文化を残し続けるためにも、 「災害に負けぬ街作り」を心がけよ!

  しかし、心配はもう1つある。
  東京都の下町と言えば、海に割合近くて標高が低い。
  こういった地域は、地震が最大の脅威となる。
  それでなくとも、「東京東部の地盤は揺れやすい」と言われているのだから。

  東京都が出す「首都直下型地震による東京の被害想定」によれば、
  1000棟当たりの想定建物全壊数は第5位となっている
  (マグニチュード7.3のほか諸条件付き。条件によって被害想定も異なる)。
  そのかわり、「急傾斜地崩壊危険個所」は、
  坂が多くて起伏の激しい区とは違って、全くと言っていいほどない。

  地震と言えば、揺れそのものだけではなく、その際の出火も気になる。
  これによる想定焼失面積は第2位。想定焼失棟数となるとトップになる。
  建物の不燃化率(延面積ベース)が下から3番目と立ち遅れていることも
  原因と見られ、今後の課題となるだろう。

  東京から急速に失われていった古きよき文化をたくさん残す葛飾。
  地元の人だけではなく、東京都民全ての「心の故郷」とも言える。
  「災害に負けぬ街作り」を心がけ、これからも古きよき文化を残し続けて、
  後世に継承していってほしい。

■葛飾区基礎データ

池内ひろ美オフィシャルサイト

池内ひろ美



キャンペーン 10% off



浮気調査・素行調査


  東京都葛飾区の浮気調査なら総合探偵社ガルエージェンシー渋谷へ

  「ご主人様・奥様の様子がおかしい」 ・ 「残業が増えた」 ・
  「会社の付き合い等の飲みが増えた」 ・ 「うちの娘の帰りが遅い」等、
  家族や友人などの様子を見て、心配になることはありませんか?
  そんな時こそ弊社の出番です。
  大切な人に気づかれる事なく、お客様に安心をお届けします。

Index 目次

浮気チェック

浮気の解決方法

浮気調査の準備

調査報告

依頼者の声1

依頼者の声2

浮気調査の金額

調査内容・調査事例



お問い合わせはこちらから

メニュー
  • 浮気調査・素行調査
  • ガル離婚相談室
  • 人探し・行方調査
  • ご近所トラブル
  • 信用調査
  • 結婚調査
  • 盗聴器の発見
  • ストーカー対策
  • いじめ対策
  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 特殊調査
  • 調査の流れ
  • よくある質問


テレビ・マスコミ 出演紹介
   2012年1月1日
   フジテレビ
   ニブンノイチ
フジテレビ
   2011年8月1日
   BeeTV
   密着!男と女の愛憎
   (秘)探偵ファイル
BeeTV
   2011年6月9日
   テレビ朝日系列
   スーパーJチャンネル
スーパーJチャンネル
   2011年5月3日
   フジテレビ系列
   投稿SUMO頂王
投稿SUMO頂王
   2011年4月20日
   フジテレビ系列
   ザ・ベストハウス123
ザ・ベストハウス123
   2010年12月10日
   フジテレビ系列
   笑っていいとも!
笑っていいとも!
   2009年12月14日
   TBS系列  ミヤネ屋
ミヤネ屋
   2009年8月10日
   TBS系列
   マイノリTV
マイノリTV
 
その他、出演番組 多数...