東京 ガルエージェンシー

浮気・離婚の事なら

 弊社、 『 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷 』 は、
 全国を網羅する124拠点のネットワークと、約800名の強力な調査員を
 生かした機動力において、他の探偵社には真似できない調査力を持っております。
 弊社の調査員は、併設のガル探偵学校にて、尾行・撮影術から、
 法令順守・守秘義務の徹底等を習得し、多種多様な現場で経験を積んでおります。
 上記事由により、裁判用の証拠収集においても定評があり、
 特に、浮気調査・行方調査におきましては、信頼と実績があります。
 まずは、お気軽にご相談下さい。     <ご相談/お見積り 無料>


外 観   相談室

<外  観>

 

<相 談 室>

ご相談がらご報告までの流れ

1 2 3 4

男性浮気チェックテスト

女性浮気チェックテスト



離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方

  上記の図は、厚生労働省がまとめた
  夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数年次推移(平成23年 日本全国)。

  東京都23区の離婚率(人口1000人対比の離婚件数)について、
  全国平均は2.0。
  都道府県の最高は沖縄県の2.6。
  大都市は総じて離婚率が高く、大阪市は2.8。
  東京23区は2.16。全国平均より少し高い程度。

  東京23区別の離婚率1位は港区。
  以下、台東区、中央区、足立区、江戸川区の順。
  港区と中央区は、平均初婚年齢が遅いトップ3に入る。
  対して、早婚のトップは足立区。江戸川区が2位。
  早過ぎる結婚も、遅すぎる結婚も、問題を生みやすいということだろうか。

  23区全体の離婚者の割合は、男性3.5%に対し女性は5.5%。
  男性は離婚しても懲りずに再婚する人が多く、
  女性は1人で生き抜いていこうと決意する人が多い。
  ※「DIAMOND IT&ビジネス」 より抜粋

  離婚を考えた原因(理由)としては、

   第1位 性格の不一致
   第2位 異性関係(浮気・不倫)
   第3位 暴力(精神的虐待・身体的暴力)
   第4位 家族/親族と仲が悪い
   第5位 借金

  このように第1位・第2位・第3位・第5位と、
  浮気や相手の異性関係で悩み、そこから心が離れてしまった結果、
  離婚に踏み切るケースが多いようです。
  また離婚した場合に「浮気」・「不倫」とは言いづらい為、
  第1位の「性格の不一致」で通している人も多いようです。
  実際はもっと多くの夫婦が異性関係を原因として離婚しているのかもしれません。



東京都港区について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


 ■東京都港区
  高級街の驚くべきセレブぶり


  新しい何かが生まれ続ける東京。
  そんな東京の旬の魅力を象徴するのは、六本木をおいて他にない。
  かたや、東京の活力を底辺から支えるサラリーマンたちのメッカと言えば、
  新橋である。
  港区は、東京を東京たらしめる新旧2つのパワーが交錯する、
  東京で最も東京らしい街だ。

■人はセレブ、街はハイソ。 平均所得日本一で大使館が集中する港区

  日本の納税義務者1人当たりの課税対象所得額について調べると、
  その全国ベスト10(人口が少ない村を除く)のうち、
  8つを東京23区が占める。
  高級住宅地の代名詞とされる兵庫県芦屋市は、645万円でようやく5位にランクイン。
  それ以上は全て東京23区であり、内訳は4位が目黒区の680万円、
  3位が渋谷区の764万円、2位が千代田区の899万円、
  そして1位が港区となっている。
  その額、実に1127万円。
  なんと、平均所得が1000万円を超えている。
  港区のリッチ度は、お金持ちが多い東京の中でもズバ抜けて高い。

  住人が「シロガネーゼ」と呼ばれる白金をはじめ、
  麻布、赤坂、青山、高輪など、高級住宅地と言うよりは、
  「お屋敷町」と呼ぶ方がふさわしい街々が居並ぶ。
  そのルーツは江戸時代まで遡る。
  港区には、大名屋敷や旗本屋敷が建ち並ぶ、
  上級武士の屋敷地が広がっていた。
  一戸建てに住む世帯の平均住宅面積は、
  2位の世田谷区を抑えてトップ。
  屋敷町の実力発揮というところだ。
  ちなみに、世帯当たりの住宅面積は共同住宅でも2位。
  マンションもウサギ小屋ではない。セレブには、広い住宅がよく似合う。

  人がセレブなら、街はハイソ。
  これを象徴するのは、大使館がこの区域に集中していることだろう。
  日本に大使を置く147ヵ国のうち、78ヵ国の大使館が港区内にある。
  となると、外国人も多い。
  総人口に占める外国人の割合は10.2%で、新宿区(11.1%)に並ぶ。
  ただし、新宿区の外国人がアジア人中心であるのに対し、
  港区は欧米系中心だ。23区に住む北米人の28%、欧州人の20%が、
  港区に集っている。

■自分らしくしなくては意味がない? 港区の女性に見る自己主張の強さ

  ハイソな街のブランドに、より強く反応するのは女性だろう。
  男性に対する女性の比率は、目黒区に次いで高い。
  この順位は、女性が抱く街への憧れ度のランキングでもある。

  とはいっても、港区の女性と目黒区の女性は、少し違った面もある。
  たとえば、結婚観。30代後半~40代前半女性の未婚率は、
  目黒区の5位に対し、港区は21位だ。
  一方、離婚率は港区が1位で、対する目黒区は19位。
  さらにシングルマザーの比率は、港区2位、目黒区22位となっている。
  憧れの街で憧れののライフスタイルを謳歌する目黒区の女性は、
  最終的には「幸せな家庭」へと回帰していく。

  かたや、港区の女性から見えてくるのは強いアイデンティティ。
  自分の考えをしっかり持ち、はっきりと主張する。
  自分のことより周りの反応を気にしがちな日本人には、
  「金持ちのわがまま」と映るかも知れないが、
  ここにこそ都心ライフの神髄があるのかも知れない。

■民放キー局社員の8割が港区に勤務 クリエイターたちが集まるトレンドの発信源

  港区は、東京最大のビジネス集積地でもある。
  昼間人口数が1位で、事業所数も一番多い。
  2001年~2006年の5年間で、
  23区の事業所数は5.1%減っているが、
  港区は逆に8.8%も増えている。
  港区以外で事業所数が増えたのは、
  渋谷区の4.0%だけ。まさに港区「1人勝ち」の感がある。

  港区の産業の特徴を最もよく表わしているのが、
  都市型産業の雄といわれる情報通信業だ。
  ヤフーもソフトバンクも、港区に本社がある。
  その数は、もちろん23区最大だ。

  なかでも民間放送業は、23区の全事業所数の38%、
  従業者数に至っては79%を港区が独占する。
  民放テレビ局の5大キー局は、全て港区に本社を置く。
  テレビ局が集中しているから、
  広告代理店、タレント事務所、レコード会社も数多い。

  昼間人口ベースで見た
  美術家、写真家、デザイナー、音楽家、舞台芸術家の数も最多である。
  「クリエイター」と呼ばれる彼らは、
  メディアと深い関係を持つと同時に、トレンドの最先端に敏感な人たちでもある。
  彼らが発するトレンディな情報は、
  メディアに乗って全国へと広がり、東京への熱い視線をかき立てていく。

  港区を代表するもう1つの産業は、飲食業だ。
  日本料理店、西洋料理店、焼き肉店、そば店、うどん店、喫茶店の数は、
  いずれも港区が1位。中華料理店、すし店も2位だ。

  飲食店は、新陳代謝のスピードが極めて速い。
  港区でも、次々と新しい店が生まれ、
  その陰で多くの店が姿を消していく。
  このダイナミズムもまた、港区にふさわしい。
  都心各区の平均所得を10年前と比較すると(2008年/1998年)、
  港区1.57倍、千代田区1.24倍、渋谷区1.24倍、中央区1.19倍となる。
  参考までに、23区全体は1.04倍だ。
  都心各区の上昇が目立つが、その中でも港区の急上昇ぶりは突出している。
  都心区の平均所得は、2000年頃を境に上昇し出すようになる。
  それは、都心の人口が増加し始める時期と一致する。
  つまり、都心生活を楽しむライフスタイルへの注目が、
  地価の高い都心に家を持つことができる高額所得者の居住を増やしていったのだ。

■ヒルズ、サカス、ミッドタウンなど まさに「東京の中の東京」といった風情

  と、ここまでは港区も他の都心区も同じだが、
  2004年以降、港区では周囲の区を引き離す平均所得の急上昇が始まる。
  いったい、このときに何が起きたのだろうか?

  前年の2003年に六本木ヒルズがオープン。
  以後、汐留シオサイト、東京ミッドタウン、赤坂サカスと、
  高級レジデンシャル機能を併設する大規模再開発が、
  港区内で相次いで進められていく。
  これらはマスコミに大きく取り上げられ、
  港区に新たなブランド価値を与え、
  その結果高額所得者の集中を一層進めるという成長のスパイラルを
  生み出していった。

  その主役はエクゼクティブと呼ばれる人たち。
  直訳すると「経営幹部層」だ。
  ただし、東京には会社形態を取る町工場や商店が多いため、
  役員だからといってエクゼクティブと呼ぶにはふさわしくない場合もある。
  そこで、管理職の役員、専門技術職の役員、管理職の正社員の合計を
  「エクゼクティブ層」と定義してみよう。
  その割合は、1位港区、2位千代田区、3位渋谷区。
  所得の順位との相関係数は0.97。ほぼピタリと一致する。

  クリエイターが引き鉄を引き、
  メディアに乗って全国を駆け巡る港区発のトレンド情報。
  これだけでは、何となく虚像のイメージがつきまとう。
  しかし港区には、東京ならではのトレンディ・ライフを実生活で体現し、
  楽しむ人たちがいる。
  だからこそ、港区は人々を魅了し続け、
  富も情報もますます港区へと集まっていくのだ。

■■港区基礎データ

池内ひろ美オフィシャルサイト

池内ひろ美



キャンペーン 10% off



浮気調査・素行調査


  東京都港区の浮気調査なら総合探偵社ガルエージェンシー渋谷へ

  「ご主人様・奥様の様子がおかしい」 ・ 「残業が増えた」 ・
  「会社の付き合い等の飲みが増えた」 ・ 「うちの娘の帰りが遅い」等、
  家族や友人などの様子を見て、心配になることはありませんか?
  そんな時こそ弊社の出番です。
  大切な人に気づかれる事なく、お客様に安心をお届けします。

Index 目次

浮気チェック

浮気の解決方法

浮気調査の準備

調査報告

依頼者の声1

依頼者の声2

浮気調査の金額

調査内容・調査事例



お問い合わせはこちらから

メニュー
  • 浮気調査・素行調査
  • ガル離婚相談室
  • 人探し・行方調査
  • ご近所トラブル
  • 信用調査
  • 結婚調査
  • 盗聴器の発見
  • ストーカー対策
  • いじめ対策
  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 特殊調査
  • 調査の流れ
  • よくある質問


テレビ・マスコミ 出演紹介
   2012年1月1日
   フジテレビ
   ニブンノイチ
フジテレビ
   2011年8月1日
   BeeTV
   密着!男と女の愛憎
   (秘)探偵ファイル
BeeTV
   2011年6月9日
   テレビ朝日系列
   スーパーJチャンネル
スーパーJチャンネル
   2011年5月3日
   フジテレビ系列
   投稿SUMO頂王
投稿SUMO頂王
   2011年4月20日
   フジテレビ系列
   ザ・ベストハウス123
ザ・ベストハウス123
   2010年12月10日
   フジテレビ系列
   笑っていいとも!
笑っていいとも!
   2009年12月14日
   TBS系列  ミヤネ屋
ミヤネ屋
   2009年8月10日
   TBS系列
   マイノリTV
マイノリTV
 
その他、出演番組 多数...