東京 ガルエージェンシー

浮気・離婚の事なら

 弊社、 『 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷 』 は、
 全国を網羅する124拠点のネットワークと、約800名の強力な調査員を
 生かした機動力において、他の探偵社には真似できない調査力を持っております。
 弊社の調査員は、併設のガル探偵学校にて、尾行・撮影術から、
 法令順守・守秘義務の徹底等を習得し、多種多様な現場で経験を積んでおります。
 上記事由により、裁判用の証拠収集においても定評があり、
 特に、浮気調査・行方調査におきましては、信頼と実績があります。
 まずは、お気軽にご相談下さい。     <ご相談/お見積り 無料>


外 観   相談室

<外  観>

 

<相 談 室>

ご相談がらご報告までの流れ

1 2 3 4

男性浮気チェックテスト

女性浮気チェックテスト



離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方

  上記の図は、厚生労働省がまとめた
  夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数年次推移(平成23年 日本全国)。

  東京都23区の離婚率(人口1000人対比の離婚件数)について、
  全国平均は2.0。
  都道府県の最高は沖縄県の2.6。
  大都市は総じて離婚率が高く、大阪市は2.8。
  東京23区は2.16。全国平均より少し高い程度。

  東京23区別の離婚率1位は港区。
  以下、台東区、中央区、足立区、江戸川区の順。
  港区と中央区は、平均初婚年齢が遅いトップ3に入る。
  対して、早婚のトップは足立区。江戸川区が2位。
  早過ぎる結婚も、遅すぎる結婚も、問題を生みやすいということだろうか。

  23区全体の離婚者の割合は、男性3.5%に対し女性は5.5%。
  男性は離婚しても懲りずに再婚する人が多く、
  女性は1人で生き抜いていこうと決意する人が多い。
  ※「DIAMOND IT&ビジネス」 より抜粋

  離婚を考えた原因(理由)としては、

   第1位 性格の不一致
   第2位 異性関係(浮気・不倫)
   第3位 暴力(精神的虐待・身体的暴力)
   第4位 家族/親族と仲が悪い
   第5位 借金

  このように第1位・第2位・第3位・第5位と、
  浮気や相手の異性関係で悩み、そこから心が離れてしまった結果、
  離婚に踏み切るケースが多いようです。
  また離婚した場合に「浮気」・「不倫」とは言いづらい為、
  第1位の「性格の不一致」で通している人も多いようです。
  実際はもっと多くの夫婦が異性関係を原因として離婚しているのかもしれません。



東京都中野区について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


 ■東京都中野区
  国の経済政策で人口過密地域となった「離合集散の街」


■人口密度が最も高い中野区 カップルからオタクまで多種多様

  JRの中野駅は、新宿駅から5分足らず。
  副都心に近いわりには、中野区は「暮らしの場」である。
  他に、サブカルチャーの発信地として知られる「中野ブロードウェイ」もある。
  漫画、アニメ、ゲームなど「オタク文化」に魅了され、国内外から多くの人が訪れる。
  中野駅北口に広がる警察大学跡地には、
  業務、商業ビルや大学などを中心とする施設の建設が予定され、
  住宅都市から先端的な都市活動拠点へと変貌を遂げていきそうだ。

  この中野区には、1日あたり70.8人の人が転入してくる。
  そして、72.0人の人が転出していく。
  1日に7.7組のカップルが結婚し、1.9組が離婚する。
  1日に6.4人の新たな生命が誕生する。そして、6.4人がこの世を去る。
  過密都市・東京の中心となる23区にあって、
  中野区は最近まで人口密度が最も高いところだった
  (今は豊島区に若干抜かれている)。
  1km2当たり2万人を超える人が住む。
  ちなみに、23区全体の平均は1万4000人程度で、
  最も低い千代田区となると4000人に満たない。

  なぜ、中野区の人口が高密度になったのか。
  それは、“木賃ベルト地帯”の存在が大きい。
  「木賃(もくちん)」とは、民間家主によって経営される木造賃貸共同住宅のこと。
  「木賃アパート」と略称される。
  戦後、都市における低所得階層向け住宅群が、
  東京に木賃ベルト地帯と呼ばれる地域を形成していった。
  山の手通り沿線には、この木賃ベルト地帯が連なっている。
  山手線と環状7号線の間という言われ方もするが、まさに中野はそこに収まる。

  細い路地が曲がりくねって、火災のときは消防車が入りにくいなど、
  防災、防犯、衛生面から問題とされることもあった。
  それでも、大きな需要がそれを生みだした。

■なぜ広くない区域に大量の人が? “木賃ベルト”を発生させた経済政策

  木賃アパートが大量に作られた理由は、まず東京への膨大な人口流入だ。
  産業基盤整備優先の投資構造や、民間依存の住宅政策が絡み合った国の経済政策が、
  木賃建設を促した。
  また、都市人口が爆発的に増える中で核家族化が進んだ。
  小世帯、低所得、職住近接といった条件があいまって、
  住宅需要は大量に生まれていくわけだ。
  理由はもう1つある。
  このような需要があるにもかかわらず、公的住宅供給はあまりにも不足していた。
  そこで、市街地内の宅地所有者によって、
  現在、あるいは老後を見据えた生活設計として、
  アパート経営が盛んに営まれていくようになる。
  とにかく、こうして大量に生み出された木賃アパート、
  木賃ベルトは、人々を大量に吸収した。
  こうして中野区もまた、決して広くない区域に多くの人々を抱え込んでいったのである。

  中野区は出生率が低い。23区の下から数えて3番目だ。
  一方、死亡率は上から12番目とほぼ真ん中。
  だが2009年には、他府県との移動によって、1300人ほどの人口が増えた。
  都内間の移動では1800人ほど減っている。
  ということは、
  この中野には住みかを求めて東京の外から人が入ってくるということだ。
  やがて、都内の他の区や市町村に住みかを移して去っていく。
  そんな流れが垣間見える。

  中野区の人口の平均年齢は23区中の12位で、ちょうど真ん中くらい。
  老年(65歳以上)人口の割合も、同じく12番目。
  人口性比を見れば、第6番目。男性の比率がほんの少し高い程度。
  いずれもバランスがとれた区だ。
  「高齢単身世帯」の割合は16番目と、決して多いほうではない。
  外国人登録人口でも15位で、この対総人口比が12位。
  外国人登録人口も対総人口比も最高の新宿区に隣接しながら、
  これまた目立たないところ。要するに、突出したものがない区に見える。

■なんでもそこそこなのに 唯一突出している「若者の数」

  だが、突出しているものが1つだけあった。
  F1層(20~34歳の女性)とM1層(20~34歳の男性)だ。
  これらが占める割合において、中野はついにチャンピオンとなる。
  手ごろな住宅の多さと都心への近さが、この年齢層を吸引するということか。

  若い男女や他府県から転入してきた独身者・カップルが住む街。
  外国人の顔を近所や街中で見ることが特に多くない街。
  まだ子どもをつくるには早いカップルが歩く街。
  そんな中野の1つの顔が思い浮かぶ。
  やはり、中野区は「若さが眩しい区」なのだろうか。

  合計特殊出生率は下から5番目。女性はあまり子どもを産まない。
  だから、人口自然増加率も下から7番目。
  自然増減ではマイナス成長なのだ。
  ここで生命が誕生し、再生産されるというよりも、
  「人が流れて行き交う街」という趣が強く見られる。

  一方、昼夜間人口比率は90そこそこで下から8番目。
  つまり、昼より夜のほうが人口が多い。
  日中は人が出て行き、夜にねぐらを求めて帰ってくる。
  都心に近い中野は、大都会の中の“ベッドタウン”と言える。

  ということは、働く場所があまりないのだろうか?
  事業所数を見ると下から3番目、従業者数は下から2番だ。
  これは実に少ない。
  やはり中野は、働いて生産する場ではなく、住むところなのだ。

  住まいについては、
  住宅当たり居住室数は19位、住宅当たり畳数は22位、
  住宅当たり延べ面積は22位、1人当たりの畳数では12位、
  1室当たり人員は15位となっている。
  決して住宅は広くはないが、家族が少ないから、
  「居住スペースはあながち窮屈でもない」ということになりそうだ。
  調べると、一世帯当たり人員は下から4番目となっており、
  小家族が多いことがうかがえる。単身者が多いとも言えるかもしれない。
  一般世帯の世帯人員構成比を見ると、「1人」というのが6割近くを占め、
  この割合が新宿区に次いで第2位と高い。

  しかし不思議なことに、「2人」家族は断然少なく、何と23区中最下位だ。
  だが「6人」「7人以上」の家族の割合では、いずれも18位に上がる。
  これは、大都会ではなかなかの“大家族”と言えるだろう。
  さては、この中野区に長く住んでおり、おじいちゃんやおばあちゃんがいる、
  木賃アパート経営者の一家が多いのだろうか? こういう家族もいるのである。

  だが、「2人」が少ないということは、
  「子どもがいなくて夫婦だけ」という暮らし方をする家族が少ないということか。
  ブロードウェイを歩いている若いカップルは、新婚さんではなく、
  両方単身者同士の恋人カップルか?
  ただ、婚姻率は第7位とそこそこ高い。
  中野区の男女は、結婚しないというわけではない。
  夫の平均初婚年齢は23区中下から4番目、妻も同じく4番目。
  中野区は、決して晩婚傾向ということでもないようだ。

■人々が行き交う離合集散の街 将来は「昼間人口」が増えるかも?

  それでも、人はここを去っていく。
  去る人もいれば来る人もおり、大都会らしい離合集散の街、人が行き交う街、
  視線を交わす街なのである。
  そう言えば、1km2当たりの街灯設置基数は、この中野区が23区でトップだった。

  中野区は、今から15年後の2025年に、昼間人口が29万8000人となり、
  第18位になると予測される。
  去る人も多い中野区だが、将来この区は、昼間に今より多くの人を招き入れるという。

■中野区基礎データ

池内ひろ美オフィシャルサイト

池内ひろ美



キャンペーン 10% off



浮気調査・素行調査


  東京都中野区の浮気調査なら総合探偵社ガルエージェンシー渋谷へ

  「ご主人様・奥様の様子がおかしい」 ・ 「残業が増えた」 ・
  「会社の付き合い等の飲みが増えた」 ・ 「うちの娘の帰りが遅い」等、
  家族や友人などの様子を見て、心配になることはありませんか?
  そんな時こそ弊社の出番です。
  大切な人に気づかれる事なく、お客様に安心をお届けします。

Index 目次

浮気チェック

浮気の解決方法

浮気調査の準備

調査報告

依頼者の声1

依頼者の声2

浮気調査の金額

調査内容・調査事例



お問い合わせはこちらから

メニュー
  • 浮気調査・素行調査
  • ガル離婚相談室
  • 人探し・行方調査
  • ご近所トラブル
  • 信用調査
  • 結婚調査
  • 盗聴器の発見
  • ストーカー対策
  • いじめ対策
  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 特殊調査
  • 調査の流れ
  • よくある質問


テレビ・マスコミ 出演紹介
   2012年1月1日
   フジテレビ
   ニブンノイチ
フジテレビ
   2011年8月1日
   BeeTV
   密着!男と女の愛憎
   (秘)探偵ファイル
BeeTV
   2011年6月9日
   テレビ朝日系列
   スーパーJチャンネル
スーパーJチャンネル
   2011年5月3日
   フジテレビ系列
   投稿SUMO頂王
投稿SUMO頂王
   2011年4月20日
   フジテレビ系列
   ザ・ベストハウス123
ザ・ベストハウス123
   2010年12月10日
   フジテレビ系列
   笑っていいとも!
笑っていいとも!
   2009年12月14日
   TBS系列  ミヤネ屋
ミヤネ屋
   2009年8月10日
   TBS系列
   マイノリTV
マイノリTV
 
その他、出演番組 多数...