東京 ガルエージェンシー

浮気・離婚の事なら

 弊社、 『 総合探偵社ガルエージェンシー渋谷 』 は、
 全国を網羅する124拠点のネットワークと、約800名の強力な調査員を
 生かした機動力において、他の探偵社には真似できない調査力を持っております。
 弊社の調査員は、併設のガル探偵学校にて、尾行・撮影術から、
 法令順守・守秘義務の徹底等を習得し、多種多様な現場で経験を積んでおります。
 上記事由により、裁判用の証拠収集においても定評があり、
 特に、浮気調査・行方調査におきましては、信頼と実績があります。
 まずは、お気軽にご相談下さい。     <ご相談/お見積り 無料>


外 観   相談室

<外  観>

 

<相 談 室>

ご相談がらご報告までの流れ

1 2 3 4

男性浮気チェックテスト

女性浮気チェックテスト



離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


離婚件数(離婚率)について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方

  上記の図は、厚生労働省がまとめた
  夫・妻の年齢階級別にみた離婚件数年次推移(平成23年 日本全国)。

  東京都23区の離婚率(人口1000人対比の離婚件数)について、
  全国平均は2.0。
  都道府県の最高は沖縄県の2.6。
  大都市は総じて離婚率が高く、大阪市は2.8。
  東京23区は2.16。全国平均より少し高い程度。

  東京23区別の離婚率1位は港区。
  以下、台東区、中央区、足立区、江戸川区の順。
  港区と中央区は、平均初婚年齢が遅いトップ3に入る。
  対して、早婚のトップは足立区。江戸川区が2位。
  早過ぎる結婚も、遅すぎる結婚も、問題を生みやすいということだろうか。

  23区全体の離婚者の割合は、男性3.5%に対し女性は5.5%。
  男性は離婚しても懲りずに再婚する人が多く、
  女性は1人で生き抜いていこうと決意する人が多い。
  ※「DIAMOND IT&ビジネス」 より抜粋

  離婚を考えた原因(理由)としては、

   第1位 性格の不一致
   第2位 異性関係(浮気・不倫)
   第3位 暴力(精神的虐待・身体的暴力)
   第4位 家族/親族と仲が悪い
   第5位 借金

  このように第1位・第2位・第3位・第5位と、
  浮気や相手の異性関係で悩み、そこから心が離れてしまった結果、
  離婚に踏み切るケースが多いようです。
  また離婚した場合に「浮気」・「不倫」とは言いづらい為、
  第1位の「性格の不一致」で通している人も多いようです。
  実際はもっと多くの夫婦が異性関係を原因として離婚しているのかもしれません。



東京都大田区について 渋谷 探偵 調査 浮気 不倫 行方


 ■東京都大田区
  東京都最大の区が持つ「高級住宅街」と「工場の街」という2つの素顔。


  大田区は、東京23区の中で最も広い区だ。人口でも第3位。
  田園調布のような高級住宅地と、蒲田に代表される町工場の街という、
  両方の顔を持つ。
  大森貝塚、多摩川台古墳群、池上本門寺五重塔など、史跡も豊かである。
  土地が広いだけにスケールも大きく、潜在的可能性もまだまだ秘めている。
  何と言っても、羽田空港があるではないか。

■人口で他の区に抜かれつつも 広さではトップを守り続ける

  この大田区、久しくライバルは世田谷区だった。
  人口では、大田区がトップの時代があった。
  1950(昭和25)年より20年間ほどにわたり国勢調査(5年おき)のたびに、
  目まぐるしく人口第1位の座を世田谷区と交替した。
  1970(昭和45)年に世田谷区がトップに立つと、以後は徐々にその差を広げられ、
  20世紀末(2000年)の国勢調査ではついに練馬区に2位の座を奪われ、
  現在第3位となっている。

  ただし広さでは、現在大田区がトップの座にいる。
  その面積59.46平方キロメートルは、東京都の特別区部(23区)全体の
  およそ10分の1ほどを占める。
  かつてのナンバーワンは世田谷区(58.08平方キロメートル)であった。
  国土地理院のデータによれば、1992(平成4)年12月に、
  それまでの56.29平方キロメートルから3.17平方キロメートル増大して、
  現在の面積となっている。世田谷区との違いは、海に臨んでいること。
  東京湾の埋め立てによって、大田区の土地は生き物のように成長したのだ。
  なお、中央防波堤埋立地の帰属について江東区との間で調整中だ。
  大田区はもっと広くなるのだろうか。

■「田園都市」が生まれたセレブ地区だが 1住宅当たりの面積は必ずしも広くない

  大田区と聞いてすぐに思い出す、田園調布と蒲田。
  大田区は1947(昭和22)年に旧来の「大森区」と「蒲田区」が合併して誕生したが、
  その由来を区名に留めている。

  区の北西部にある田園調布は、東京というより日本を代表する高級住宅街。
  これは、旧大森区に属する街だ。生みの親は、明治・大正期の財界の重鎮、
  渋沢栄一である。
  大正時代に導入された「田園都市」運動の一環として、18(大正7)年、
  渋沢が田園都市株式会社を設立し、住宅地を造成した。
  その際、調布村の一部であったこの地に「田園」の2文字を冠して
  「田園調布」と称したのである。
  現在の東急東横線・目蒲線田園調布駅西口の駅前広場を中心に放射路、
  環状路を設置して、一区画100~500坪(330~1650平方メートル)で
  上下水道完備という高級住宅地として売り出した。

  さて、その田園調布を抱える大田区だが、区全体で住宅の規模に関わる指標を見ると、
  必ずしも“大邸宅”のイメージとは結びつかない。
  1住宅当たりの延べ面積は62.4平方メートルで、23区中第12位である。

  その他、1住宅当たりの居住室数は11位、1住宅当たりの畳数15位、
  1人当たりの畳数15位、1室当たりの人員(少ないほうから)20位となっている。
  これを見る限り、区全体としては区民の居住空間が決して広いほうではない。

■蒲田を擁する大田区は 大都会における「匠の里」の顔も

  さて、もう一方の大田区の顔が蒲田だ。その名のとおり旧蒲田区の中心地だ。
  蒲田には「町工場」がよく似合う。

  江戸期に農漁村だったこの区では、
  特に海岸の大森・糀谷・羽田地区において海苔(のり)の養殖が盛んだったが、
  1960年代前半を最後に姿を消した。
  また、工業の前史として江戸時代から続く麦わら細工があった。
  いよいよ中小の工場が進出してくるのは、大正期以降のことだ。
  そこで、この区の工業の実力を見てみると、
  工場数4362、従業者数3万5741、製造品出荷額等7796憶円、
  いずれも23区中ナンバーワン。
  そのうえ、付加価値額3356憶円もトップである。大田区は三冠王ならぬ“四冠王”だ。
  だが、この区の工場の多くは規模が極めて小さい。
  従業者規模「1~3人」という零細事業者が半数を占める。
  そのため、1事業所当たりの「製造品出荷額等」、1事業所当たりの「付加価値額」は、
  それぞれ第6位に留まっている。

  工場の分布を見ると、やはり最も多いのは蒲田地区となっており、全体の半数を占める。
  大森地区が4割弱、調布地区が約1割といったところである。
  概して内陸部には住工混在型の小規模工場が立地し、
  大森南、東糀谷、羽田旭町などの一部には工業専用地域もあるため、
  比較的大規模な工場が立地している。

  大田区の“得意技”は、金属および機械関連製造業。
  この業種だけで工場数の8割近くを占め、断然トップとなっている。
  ちなみに、東京都全体では43%、23区では40%。

  特に、「金属製品」「汎用機械」「生産用機械」の生産高(製造品出荷額等)はすごい。
  3業種の合計は額にして2710億円で、これは大田区の工業全体の35%に当たり、
  東京都全体の3業種生産高の22%、23区の34%までを占めてしまう。
  全都の構成比で第2位となる江戸川区が8%足らずであることを思えば、
  大田区の工業はいかにこれらの業種で稼いでいるかがわかる。
  大田区の工場は大半が下請け加工だが、
  特定大企業の系列下にあるものはむしろ少なく、たいがいが複数の取引き先をもつ。
  それが、多様な製品を生み出す基礎となる機械加工を中心とする基盤技術の集積を
  促したとも言えるだろう。

  地価が高く、過密な大都市の市街地でありながら町工場が存続できる要因として、
  職住近接により長時間労働が可能であること、短い納期に対応できる小回りの利く
  経営体が多いことが指摘される。
  なるほど、この区の「昼夜間人口比率(昼間人口指数)」は99.0となっており、
  これが100に近いということは昼夜によって人が流出入することが少ないことを
  うかがわせる。
  だが、何より、この区に集積した高度な技術力が最大の強みだろう。
  大田区は、「匠」「職人芸」の集積地なのだ。

  バブル崩壊やリーマンショックは、やはり実力者・大田区の町工場をも直撃している。
  国内産業の空洞化、取引き先の海外移転も深刻な問題だ。
  そのため、下請け依存体質からの脱却、人材確保や育成、アジアに対する競争力強化、
  知財の侵害防止、エンドユーザ向け製品の開発など、課題は多い。

  しかし、“チャリンコ(自転車)・ネットワーク”という言葉を生むほど、
  この区の町工場は結束も固く、相互支援の精神にも富んでいる。
  自分のところでは「切削」作業しかできなくても、
  「穴開けができる工場」「研磨ができる工場」といったように、
  自転車で通えるほど近隣にある工場に工程をまわして、発注された製品を
  納品できるようにしたネットワークのことだ。

  大田区の町工場は、ただ者ではない。
  DVDや携帯電話、鉄道や飛行機、ロケットなど、最新技術を必要とする製品の部品を
  作ったり、設計に関わったりしている町工場がたくさんあるのだ。

  頑張る町工場に加えて、第一京浜、第二京浜、産業道路、湾岸道路など
  主要道路が走る大田区は交通の要衝だ。
  そして、前原国交相の「ハブ化」発言によってまた注目度が高まる羽田空港。
  大田区は、世界に向けて飛翔を始める。

■大田区基礎データ

池内ひろ美オフィシャルサイト

池内ひろ美



キャンペーン 10% off



浮気調査・素行調査


  東京都大田区の浮気調査なら総合探偵社ガルエージェンシー渋谷へ

  「ご主人様・奥様の様子がおかしい」 ・ 「残業が増えた」 ・
  「会社の付き合い等の飲みが増えた」 ・ 「うちの娘の帰りが遅い」等、
  家族や友人などの様子を見て、心配になることはありませんか?
  そんな時こそ弊社の出番です。
  大切な人に気づかれる事なく、お客様に安心をお届けします。

Index 目次

浮気チェック

浮気の解決方法

浮気調査の準備

調査報告

依頼者の声1

依頼者の声2

浮気調査の金額

調査内容・調査事例



お問い合わせはこちらから

メニュー
  • 浮気調査・素行調査
  • ガル離婚相談室
  • 人探し・行方調査
  • ご近所トラブル
  • 信用調査
  • 結婚調査
  • 盗聴器の発見
  • ストーカー対策
  • いじめ対策
  • 裁判資料の内偵
  • 探偵社の選び方
  • 特殊調査
  • 調査の流れ
  • よくある質問


テレビ・マスコミ 出演紹介
   2012年1月1日
   フジテレビ
   ニブンノイチ
フジテレビ
   2011年8月1日
   BeeTV
   密着!男と女の愛憎
   (秘)探偵ファイル
BeeTV
   2011年6月9日
   テレビ朝日系列
   スーパーJチャンネル
スーパーJチャンネル
   2011年5月3日
   フジテレビ系列
   投稿SUMO頂王
投稿SUMO頂王
   2011年4月20日
   フジテレビ系列
   ザ・ベストハウス123
ザ・ベストハウス123
   2010年12月10日
   フジテレビ系列
   笑っていいとも!
笑っていいとも!
   2009年12月14日
   TBS系列  ミヤネ屋
ミヤネ屋
   2009年8月10日
   TBS系列
   マイノリTV
マイノリTV
 
その他、出演番組 多数...